浄法寺の漆掻き

国産漆の8割近くを生産する岩手県二戸市浄法寺。
漆の木に傷を付け、その樹液を一滴ずつ集める漆掻き職人の手仕事が日本の漆を守り続けています。

reth_IMG_1294

取材したのは9月下旬の漆掻き。
あと数日でその年の作業を終え、漆の木を伐採する直前のタイミングでした。


Comments are closed.