三度目の京都 -1678 / TODAY-展

三度目の京都」で取材・撮影をおこなった、京都・萬福寺宝蔵院に収蔵されている一切経の版木を紹介する写真展「三度目の京都 -1678/TODAY-展」が開催されました。
会場は、タイポグラフィを中心としたグラフィックデザインの本を扱う古書店 BOOK&SONSさん。

以下、展覧会の趣旨文です。

現在広く使われている明朝体。日本での普及の起源とされているのが、宝蔵院(京都)に収蔵されている一切経の版木です。
一切経は、仏教思想はもとより、天文・人文・医術・薬学・人道など社会のあらゆる面を説いた仏教の百科辞典とも言われています。
三度目の京都プロジェクトでは、その一切経の版木から明朝体のように現在に残るカタチの語源を探していきます。

[三度目の京都 -1678 / TODAY-展]
会場:BOOK&SONS
会期:2015年7月12日(日)–7月20日(月)

取材・撮影時のメイキング映像も公開されています。
私もちらり映っています。

会場では、写真と文章をまとめた図録も販売されました。
>>図録はこちら

BOOK&SONSさんのイベントページ
>>http://bookandsons.com/blog/shop-info/1678_today.php


Comments are closed.