京都・日本酒サミット2013 シンポジウム

京都・日本酒サミット2013 SAKE & Kyoto Cool Craftsにおいて開催されたシンポジウムに出席しました。
テーマは「これからの日本酒について」。
豪華なパネリストの皆様に混じってひとり場違いな感じの私でしたが、なんとか無事に役目を終えました。

イベントでは京都を中心に集まった約50の酒蔵のお酒がすべて飲み放題ということで、シンポジウムはおよそ2000名のほろ酔いのお客さんたちの前で粛々と進行。こんな経験なかなかできないですね。

■司会
葉石かおり氏(酒ジャーナリスト)

■パネリスト
島田昭彦氏(株式会社クリップ 代表取締役)
高橋拓児氏(京料理 木乃婦 三代目 若主人)
佐々木晃氏(佐々木酒造/京都酒造組合 理事)
増田徳兵衞氏(月の桂/伏見酒造組合 理事長)
米原有二

reth_kyoto-nihonshu-summit2013

■概要
主催:京都市
共催:京都酒造組合、伏見酒造組合
協力:日本酒造青年協議会、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)、京都市地下鉄若手職員増客チーム「地下鉄でわっしょい!」、京都市上下水道局
特別協力:株式会社エフエム京都
後援:公益社団法人京都市観光協会、京都商工会議所

イベントの様子はコチラにもまとめられています。
>>KYOTO LOVES SAKE


Comments are closed.