京都精華大学 教育後援会 講演『菓子にみる伝統文化』

教育後援会とは在学生の保護者さん方の会です。
その懇親事業として京都精華大学では毎年、京都の文化・芸術に携わる方を講師に招いて講演会を催されているとのことです。

2015年の講師は、太田達さん(有職菓子御調進所老松/公益財団法人有斐斎弘道館/茶人/工学博士)ということで、私は聞き手としてご一緒させて頂きました。
京菓子を切り口に日本神話、宗教、茶の湯と多角的な話に展開してとても楽しい講演となりました。
老松さんにご用意頂いたお菓子も頂きお腹も大満足。ごちそうさまでした。

当日の様子は京都精華大学 教育講演会のサイトにてレポートが掲載されています。
>>京都精華大学 教育講演会


Comments are closed.