アートとデザインを楽しむ京都本 by 京都造形芸術大学

works:取材・執筆
出版社:京阪神エルマガジン社
ムック 120P
発売日:2015年7月
定価:750円

毎年好評のエルマガ京都本と京都造形芸術大学がコラボレーションした一冊。
私は巻頭記事で昨年、佛光寺内にオープンしたD&Department京都店 by京都造形芸術大学についての記事を書きました。
ナガオカケンメイ(デザイン活動家/京都造形芸術大学教授)さんへのインタビュー、京都造形芸術大学D&Department Projectの学生さんたちへの取材記事などを通じて、以下の3点を書いたつもりです。

・京都にD&Departmentができる意味
・芸術大学が物販店を教育現場として活用する意義
・寺院境内が商売と教育に開かれた背景

どれも大きなテーマなのでちゃんと書ききれたかわかりませんが、
この3つのテーマが示す諸問題は、今後もさまざまにかたちを変えて、全国の大学や寺院、工芸、そして街づくりに影響を与えると思います。

1IMG_0559

1IMG_0561

1IMG_0563

1IMG_0566

1IMG_0567

アートとデザインを楽しむ京都本 (えるまがMOOK)
京阪神エルマガジン社 (2015-07-07)
売り上げランキング: 16,813

Related projects
JR西日本 西Navi 2016年6月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第13回。 今回は加賀水引の津田水引折型さん。 気持ちを包む、贈り物を彩る文化。 華やかな仕

『炎を操る 刀・やきもの・ガラス  1050度、美の誕生』展 図録

works:取材・執筆 出版社:LIXIL出版 編集・制作:坂井編集企画事務所 2016年5月10日発売予定 本文64ページ、オールカラー。B5判、無線綴じ 価格:1,500円+(税) 愛知県常滑市にあるINAXライブミ

JR西日本 西Navi 2016年5月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第12回。  連載開始からようやく1年が経ちました。 今回は越前焼の陶房 遙さん。 2016

JR西日本 西Navi 2016年4月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第11回。 今回は越中八尾和紙の桂樹舎さんです。 八尾の紙漉きと柳宗悦のかかわりを取材して、


清水寺 英文webサイト

works:執筆 —– Produce:LINK UP INC. Creative direction:discovery go Art direction:Takahisa Suzuki[16

JR西日本 西Navi 2016年3月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第10回です。 加賀指ぬきの加賀てまり毬屋さんを取材しています。

JR西日本 西Navi 2016年2月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第9回です。 今回は越前打刃物の龍泉刃物さんに取材しています。 刃のまだらな波紋模様が特徴的

ネッツトヨタ兵庫 FONTE

works:執筆 ネッツトヨタ兵庫が発行しているフリーペーパー『FONTE』にて、兵庫県の手仕事を紹介しました。 ・[赤穂雲火焼]赤穂瀬戸内窯 ・[名塩雁皮紙]谷野武信(国重要無形文化財) ・[播州三木打刃物]カネジュン


JR西日本 西Navi 2016年1月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第8回です。 今回は越中瀬戸焼の庄楽窯さんに取材しています。 スティーブ・ジョブズが大のお気

「工芸とデザイン―伝統の再解釈、手仕事の現在地―」展

[会場写真:中島光行] 21世紀鷹峯フォーラム 特別展示  「工芸とデザイン―伝統の再解釈、手仕事の現在地―」 会期:2015年11月23日(月・祝)―12月4日(金) 会場:京都精華大学 ギャラリーフロール 監修:京