三度目の京都 -1678 / TODAY-展

三度目の京都」で取材・撮影をおこなった、京都・萬福寺宝蔵院に収蔵されている一切経の版木を紹介する写真展「三度目の京都 -1678/TODAY-展」が開催されました。
会場は、タイポグラフィを中心としたグラフィックデザインの本を扱う古書店 BOOK&SONSさん。

以下、展覧会の趣旨文です。

現在広く使われている明朝体。日本での普及の起源とされているのが、宝蔵院(京都)に収蔵されている一切経の版木です。
一切経は、仏教思想はもとより、天文・人文・医術・薬学・人道など社会のあらゆる面を説いた仏教の百科辞典とも言われています。
三度目の京都プロジェクトでは、その一切経の版木から明朝体のように現在に残るカタチの語源を探していきます。

[三度目の京都 -1678 / TODAY-展]
会場:BOOK&SONS
会期:2015年7月12日(日)–7月20日(月)

取材・撮影時のメイキング映像も公開されています。
私もちらり映っています。

会場では、写真と文章をまとめた図録も販売されました。
>>図録はこちら

BOOK&SONSさんのイベントページ
>>http://bookandsons.com/blog/shop-info/1678_today.php


Related projects
清水寺 写真集 『INSIGHT』

清水寺の「今」を写真や映像で記録する「FEEL KIYOMIZUDERA」プロジェクトが4年目を迎えました。 写真家、須藤和也さんが撮り続けた清水寺のさまざまな表情に、いやされたり、高揚したり、はっと息をのんだり。 公式

「工芸とデザイン―伝統の再解釈、手仕事の現在地―」展

[会場写真:中島光行] 21世紀鷹峯フォーラム 特別展示  「工芸とデザイン―伝統の再解釈、手仕事の現在地―」 会期:2015年11月23日(月・祝)―12月4日(金) 会場:京都精華大学 ギャラリーフロール 監修:京

三度目の京都 -1678 / TODAY-展

「三度目の京都」で取材・撮影をおこなった、京都・萬福寺宝蔵院に収蔵されている一切経の版木を紹介する写真展「三度目の京都 -1678/TODAY-展」が開催されました。 会場は、タイポグラフィを中心としたグラフィックデザイ

三度目の京都 -1678 / TODAY-展 図録

works:執筆 編集:三度目の京都 写真:中島光行、須藤和也 アートディレクション:鈴木孝尚 発行:三度目の京都・ディスカバリー号 タイポグラフィを中心としたグラフィックデザインの本を扱う古書店 BOOK&SO


『神々の匠』 -京都神祇工芸協同組合 青年会 30周年記念展-

works:展示コーディネート・ポスター、リーフレット等広報物の文章執筆 Designer:森穂高[DOT] Photographer:江藤太亮[Stria photographics] Produced by byCr

“en” —竹虎蒔絵井籠から見る匠の技術—展

works:展示コーディネート
会期:2012.12.10〜16
会場:虎屋 京都ギャラリー
企画・運営:虎屋、京都造形芸術大学

Refsign Archives vol.3  手のチカラを今に伝える職人たち  岡山高大と岡崎友紀 展

works:監修
会期:2012.6.18〜7/1(レセプション 6/18  19:30〜)
会場:Division(京都市中京区二条両替町上ル北小路町102 1F)
企画:e・感性価値研究所
デザイン:佐野亘(Refsign )

Refsign Archives vol.2  手のチカラを今に伝える職人たち  加藤友理と松山一成展

works:監修
会期:2012.2.21〜30(レセプション 2.20  19:00〜)
会場:Division(京都市中京区二条両替町上ル北小路町102 1F)
企画:e・感性価値研究所
デザイン:佐野亘(Refsign )


GUCCI 創設90周年記念展 「時の贈りもの」記念誌

works:編集・執筆
主催:GUCCI 京都造形芸術大学
後援:フィレンツェ市 京都市
※非売品

GUCCI 創設90周年記念展 シンポジウム 「これからの手しごと」

works:出席者コーディネート
日時:2011.10.20 16:30-
会場:京都芸術劇場 春秋座