A PRIVATE KYOTO TRAVELOGUE vol.3 ”Special Issue”「本の中の、京都」

works:執筆
編集:三度目の京都
監修:ブックディレクター 幅 允孝(BACH
プランナー:加藤信吾
写真:中島光行、須藤和也
文章:米原有二、加藤信吾、Aiko Yoshii
アートディレクション:鈴木孝尚
発行:ディスカバリー号
価格:1500円(税抜)

IMG_2739

[選者]
西村明美(柊家)/中東久人(美山荘)/細見良行(細見美術館)/大西英玄(清水寺)
龍村周(錦の伝統織物作家)/山本晃久(鏡師)/髙橋英次(男衆)/ 若林剛之(SOU・SOU)
堀部篤史(恵文社一乗寺店)/竹井 正和(FOIL)/伊藤 まさこ(スタイリスト)/幅允孝(BACH)
山下賢二(ガケ書房)/小野 友資(YUYBOOKS)/横山 健一郎(ハイアットリージェンシー 京都)
井上賢次(萩書房)/柳原 照弘(デザイナー)/宮澤 政人(じき 宮ざわ)
徳田正樹(SONGBIRD DESIGN STORE.)/冨田 珠雲(京仏師)

[対談] 幅 允孝(BACH)×堀部 篤史(恵文社一乗寺店) 京都のはしっこ、最小単位の街「左京区」
[巻末特集] もうひとつの京都出版史 芸艸堂と『綾錦』

IMG_2736

IMG_2741

IMG_2745

IMG_2734

本の中の、京都。
本の中の、京都。
posted with amazlet at 14.12.21
ディスカバリー号
売り上げランキング: 99,973

Related projects
JR西日本 西Navi 2016年6月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第13回。 今回は加賀水引の津田水引折型さん。 気持ちを包む、贈り物を彩る文化。 華やかな仕

『炎を操る 刀・やきもの・ガラス  1050度、美の誕生』展 図録

works:取材・執筆 出版社:LIXIL出版 編集・制作:坂井編集企画事務所 2016年5月10日発売予定 本文64ページ、オールカラー。B5判、無線綴じ 価格:1,500円+(税) 愛知県常滑市にあるINAXライブミ

JR西日本 西Navi 2016年5月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第12回。  連載開始からようやく1年が経ちました。 今回は越前焼の陶房 遙さん。 2016

JR西日本 西Navi 2016年4月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第11回。 今回は越中八尾和紙の桂樹舎さんです。 八尾の紙漉きと柳宗悦のかかわりを取材して、


清水寺 英文webサイト

works:執筆 —– Produce:LINK UP INC. Creative direction:discovery go Art direction:Takahisa Suzuki[16

JR西日本 西Navi 2016年3月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第10回です。 加賀指ぬきの加賀てまり毬屋さんを取材しています。

JR西日本 西Navi 2016年2月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第9回です。 今回は越前打刃物の龍泉刃物さんに取材しています。 刃のまだらな波紋模様が特徴的

ネッツトヨタ兵庫 FONTE

works:執筆 ネッツトヨタ兵庫が発行しているフリーペーパー『FONTE』にて、兵庫県の手仕事を紹介しました。 ・[赤穂雲火焼]赤穂瀬戸内窯 ・[名塩雁皮紙]谷野武信(国重要無形文化財) ・[播州三木打刃物]カネジュン


JR西日本 西Navi 2016年1月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第8回です。 今回は越中瀬戸焼の庄楽窯さんに取材しています。 スティーブ・ジョブズが大のお気

「工芸とデザイン―伝統の再解釈、手仕事の現在地―」展

[会場写真:中島光行] 21世紀鷹峯フォーラム 特別展示  「工芸とデザイン―伝統の再解釈、手仕事の現在地―」 会期:2015年11月23日(月・祝)―12月4日(金) 会場:京都精華大学 ギャラリーフロール 監修:京