GUCCI 創設90周年記念展 シンポジウム 「これからの手しごと」

works:出席者コーディネート
日時:2011.10.20 16:30-
会場:京都芸術劇場 春秋座

出席者

総合司会:内田恭子[フリーアナウンサー]

第一部 若手職人の立場から
・モデレーター:小川理子Panasonic日本工芸会近畿支部副支部長]
・山本晃久[和鏡]
・松山一成[浸染]
龍村周[錦織]
・LORENZO FOGLIA[フィレンツェ 銀細工]
・FRANCESCO CIANFERONI[GUCCI 革製品]

第二部 伝統工芸の現状を俯瞰して
・モデレーター:内田恭子
・若林卯兵衛[若林仏具製作所 会長]
茂山千三郎[大蔵流狂言師]
・ENRICA PAOLETTI[フィレンツェ工芸協会会長]
・ROBERT TRIEFUS[GUCCI/ワールドワイド マーケティング&コミュニケーション ディレクター]

第三部 伝統工芸の魅力をREVALUEする
・モデレーター:内田恭子
中田英寿TAKE ACTION FOUNDATION代表理事]
祐真朋樹[ファッションディレクター]
千住博 [日本画家、京都造形芸術大学学長]


Related projects
京都市伝統産業活性化推進審議会

2016年から京都市伝統産業活性化推進審議会の委員をつとめています。 京都市には京都市伝統産業活性化推進条例という条例があって、これは、いろんな人の意見を取り入れながら伝統的な手仕事を発展させる方法を考えなさいよ、という

清水寺 写真集 『INSIGHT』

清水寺の「今」を写真や映像で記録する「FEEL KIYOMIZUDERA」プロジェクトが4年目を迎えました。 写真家、須藤和也さんが撮り続けた清水寺のさまざまな表情に、いやされたり、高揚したり、はっと息をのんだり。 公式

ナガオカケンメイさんラジオ番組 d design travel radio

デザイン活動家/D&DEPARTMENTディレクターのナガオカケンメイさんがDJをされている ラジオ番組 d design travel radio[α-STATION]の2/26放送分、3/4放送分の2回にゲ

「工芸とデザイン―伝統の再解釈、手仕事の現在地―」展

[会場写真:中島光行] 21世紀鷹峯フォーラム 特別展示  「工芸とデザイン―伝統の再解釈、手仕事の現在地―」 会期:2015年11月23日(月・祝)―12月4日(金) 会場:京都精華大学 ギャラリーフロール 監修:京


京都精華大学 教育後援会 講演『菓子にみる伝統文化』

教育後援会とは在学生の保護者さん方の会です。 その懇親事業として京都精華大学では毎年、京都の文化・芸術に携わる方を講師に招いて講演会を催されているとのことです。 2015年の講師は、太田達さん(有職菓子御調進所老松/公益

三度目の京都 -1678 / TODAY-展

「三度目の京都」で取材・撮影をおこなった、京都・萬福寺宝蔵院に収蔵されている一切経の版木を紹介する写真展「三度目の京都 -1678/TODAY-展」が開催されました。 会場は、タイポグラフィを中心としたグラフィックデザイ

三度目の京都 -1678 / TODAY-展 図録

works:執筆 編集:三度目の京都 写真:中島光行、須藤和也 アートディレクション:鈴木孝尚 発行:三度目の京都・ディスカバリー号 タイポグラフィを中心としたグラフィックデザインの本を扱う古書店 BOOK&SO

毎日新聞「京がたり 日本再発見」

3/18の毎日新聞夕刊(首都圏・中部・九州・山口版)にインタビューが掲載されました。 毎回さまざまな方が京都の魅力を語るという連載で、私は表具を取材した際のエピソードを中心に工芸の面白さを話しました。 あっちこっちに飛び


京都職人工房展 「職人たちのマーチ」2015 ミニトーク

京都職人工房の作品展、 「職人たちのマーチ」が今年も開催されました。 会期中は毎日、日替わりで職人さんたちによるミニトークがおこなわれ、私も1日だけ聞き手として参加しました。 京都職人工房のメンバーのなかに着付師の方がお

iroiro school ライター講座

2015年から京都でスタートするiroiro school(いろいろスクール)でライター講座を受け持つことになりました。 このライター講座は【A】・【B】と2つの講座があり、 【A】はさまざまな雑誌・書籍で大活躍されてい