JR西日本 西Navi 2015年6月号

works:取材・執筆
出版社:JR西日本

北陸新幹線が開通して大賑わいの北陸3県。
もはや観光シーズンなどないくらいにいつでもたくさんの方で賑わっています。

『西Navi』はJR西日本の広報誌としてJRの主要駅でタブロイド版が配布されているのですが、
新幹線で配布されているもの別編集の冊子です。
私は北陸新幹線のシートポケットにて配付されている『西Navi』に
「北陸の手仕事」と題した連載記事を書かせてもらっています。

IMG_0302
連載第1回目は、「『高岡銅器』と『山中漆器(木地)』」。
歴史と伝統技法ゆたかなこのふたつの工芸が協業して生まれた器ブランド「喜泉
を紹介しています。

この連載では、能登の風景と人を撮り続ける写真家・中乃波木さんとご一緒させて頂いてまして、
その素敵な写真と溢れるほどの北陸愛に、影響受けまくりなのです。


Related projects
JR西日本 西Navi 2016年6月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第13回。 今回は加賀水引の津田水引折型さん。 気持ちを包む、贈り物を彩る文化。 華やかな仕

『炎を操る 刀・やきもの・ガラス  1050度、美の誕生』展 図録

works:取材・執筆 出版社:LIXIL出版 編集・制作:坂井編集企画事務所 2016年5月10日発売予定 本文64ページ、オールカラー。B5判、無線綴じ 価格:1,500円+(税) 愛知県常滑市にあるINAXライブミ

JR西日本 西Navi 2016年5月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第12回。  連載開始からようやく1年が経ちました。 今回は越前焼の陶房 遙さん。 2016

JR西日本 西Navi 2016年4月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第11回。 今回は越中八尾和紙の桂樹舎さんです。 八尾の紙漉きと柳宗悦のかかわりを取材して、


清水寺 英文webサイト

works:執筆 —– Produce:LINK UP INC. Creative direction:discovery go Art direction:Takahisa Suzuki[16

JR西日本 西Navi 2016年3月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第10回です。 加賀指ぬきの加賀てまり毬屋さんを取材しています。

JR西日本 西Navi 2016年2月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第9回です。 今回は越前打刃物の龍泉刃物さんに取材しています。 刃のまだらな波紋模様が特徴的

ネッツトヨタ兵庫 FONTE

works:執筆 ネッツトヨタ兵庫が発行しているフリーペーパー『FONTE』にて、兵庫県の手仕事を紹介しました。 ・[赤穂雲火焼]赤穂瀬戸内窯 ・[名塩雁皮紙]谷野武信(国重要無形文化財) ・[播州三木打刃物]カネジュン


JR西日本 西Navi 2016年1月号

works:取材・執筆 出版社:JR西日本 北陸新幹線のシートポケットで配付されている『西Navi』の連載記事「北陸の手仕事」の第8回です。 今回は越中瀬戸焼の庄楽窯さんに取材しています。 スティーブ・ジョブズが大のお気

「工芸とデザイン―伝統の再解釈、手仕事の現在地―」展

[会場写真:中島光行] 21世紀鷹峯フォーラム 特別展示  「工芸とデザイン―伝統の再解釈、手仕事の現在地―」 会期:2015年11月23日(月・祝)―12月4日(金) 会場:京都精華大学 ギャラリーフロール 監修:京