Meets Regional 2012 9月号

works:J-Boys顧問
出版社:京阪神エルマガジン社
体裁:雑誌
発売日:2012.8.1
定価:450円

革ジャン・サングラスの3兄弟、J-Boysがさまざまなニッポン・カルチャーを
紹介するミーツの名物企画『J-Boys』。
まことに僭越ながら私、このJ-Boysの顧問をさせていただいてまして、たまに誌面に登場しては3兄弟に工芸の世界を案内しています。

reth_IMG_0582-1024x768

今回、案内したのは「京うちわ」の世界。
夏になると舞妓さんが名前を入れてご贔屓や行きつけのお店なんかに配るアレですね。
老舗、小丸屋さんを訪ねてあれやこれやとお仕事について伺っています。

案内役と言うことで、いつものようにひとりでじっくり取材するのではなく、
かといってライターとして執筆するわけでもないめずらしい機会ですが、
J-Boysと一緒に巡る工芸の旅は、とても新鮮で、新しい発見がたくさんあって
いつも楽しみなのです。

Meets Regional (ミーツ リージョナル) 2012年 09月号 [雑誌]
京阪神エルマガジン社 (2012-08-01)


Related projects
ナガオカケンメイさんラジオ番組 d design travel radio

デザイン活動家/D&DEPARTMENTディレクターのナガオカケンメイさんがDJをされている ラジオ番組 d design travel radio[α-STATION]の2/26放送分、3/4放送分の2回にゲ

京都精華大学 教育後援会 講演『菓子にみる伝統文化』

教育後援会とは在学生の保護者さん方の会です。 その懇親事業として京都精華大学では毎年、京都の文化・芸術に携わる方を講師に招いて講演会を催されているとのことです。 2015年の講師は、太田達さん(有職菓子御調進所老松/公益

毎日新聞「京がたり 日本再発見」

3/18の毎日新聞夕刊(首都圏・中部・九州・山口版)にインタビューが掲載されました。 毎回さまざまな方が京都の魅力を語るという連載で、私は表具を取材した際のエピソードを中心に工芸の面白さを話しました。 あっちこっちに飛び

京都職人工房展 「職人たちのマーチ」2015 ミニトーク

京都職人工房の作品展、 「職人たちのマーチ」が今年も開催されました。 会期中は毎日、日替わりで職人さんたちによるミニトークがおこなわれ、私も1日だけ聞き手として参加しました。 京都職人工房のメンバーのなかに着付師の方がお


iroiro school ライター講座

2015年から京都でスタートするiroiro school(いろいろスクール)でライター講座を受け持つことになりました。 このライター講座は【A】・【B】と2つの講座があり、 【A】はさまざまな雑誌・書籍で大活躍されてい

BS-TBS 美しい日本に出会う旅 勘九郎 街道をゆく

歌舞伎役者の中村勘九郎さんの番組にちょっこと出演。 清水寺の不思議スポットを案内しました。 普段の放送では勘九郎さんはナレーションだけの出演だそうですが、今回は特別編としてご自身が京都の街を歩く企画でした。 境内をふたり

京都精華大学 卒業生の仕事、生き方、歩き方。

母校の京都精華大学のサイトで卒業生紹介のコーナーがありまして取材を受けました。 5割増しぐらいでかっこよく書いて頂いているので、差し引きながらご笑覧ください。 file no10 米原有二 http://www.kyot

京都LOBBY #1

セメントプロデュースデザインさんが全国各地で主催する異業種交流会 『LOBBY』が京都でも開催されることになり、 セメント代表の金谷さんと、いろいろデザイン代表のサノワタルさんと一緒にトークイベントに参加させて頂きました


虎屋文化講演会「西陣・佐々木能衣装のしごと」

虎屋の羊羹うまいんですよね。 謝罪のお供として名高いですが、たしかに大抵のことなら許される力があります。 虎屋の京都一条店には庭がきれいな虎屋菓寮という喫茶があります。 ここでおこなわれているる虎屋文化講演会は毎回さまざ

朝日新聞コラム「勝手に関西遺産」にコメント

2014年8月13日付の朝日新聞夕刊で連載されている「勝手に関西遺産」。 今回は東山が誇る裏京名物「みなとや 幽霊子育飴」の特集でした。 文末にちょこっとコメントを載せてもらっています。 とにかく伝承が強烈すぎて最初は戸