Refsign Archives vol.1  手のチカラを今に伝える職人たち  山本晃久と岡本幸子展

works:監修
会期:2011.10.17〜30(レセプション 10.17  19:00〜)
会場:Division(京都市中京区二条両替町上ル北小路町102 1F)
企画:e・感性価値研究所
デザイン:佐野亘(Refsign

京都の若手の職人とその手仕事に焦点をあて、様々な角度から伝統工芸を紹介するプロジェクト[Refsign Archives]。
「伝統」はけっして遠い世界の出来事ではなく、現代にしっかり息づいているものと実感していただけたら幸いです。
この展覧会にはシリーズを通して監修という立場で携わっています。

tumblr_lwuwl6uQdA1r4cd8d

tumblr_lwuwjqiDpi1r4cd8d

山本晃久 Akihisa Yamamoto [鏡師]
1975年生まれ。大学を卒業後、家業に入る。国内で唯一手仕事による和鏡・神鏡・魔鏡を製作する山本合金製作所で、神社の御霊代鏡や御神宝鏡の製作、博物館所蔵の鏡復元等に携わっている。

【和鏡】
古代、祭祀等で使用されていた鏡は神の依代であり、高貴な地位の象徴でもあった。平安時代からは生活用具としても一般に使われるようになり鏡背の文様も各時代の特徴が顕著になる。また、江戸時代に隠れキリシタンたちが礼拝の道具として考案した魔鏡は日本独自の工芸技術として注目されている。

岡本幸子 Tomiko Okamoto [京飾り房紐師]
1966年生まれ。京都の伝統技術を継承して飾り房・紐を製作する岡本啓助工房で、神社儀式用の袱紗房などのほか文化財用の飾り紐、祇園祭をはじめとする祭礼用懸装品等を手掛けている。

【飾り房・紐】
宮廷や社寺の荘厳さを表現するため古くから室内調度品などに用いられてきた房・紐は、平安期以降その結びや染色技法を多彩に発展させて祭礼品や装身具、伝統芸能などの装飾として幅広く使われるようになった。現代でも茶室や社寺、祇園祭の山鉾の装飾などを彩る飾り房・紐を目にすることができる。

Refsign Magazine Kyotoにおふたりのインタビューが掲載されています。

>>山本晃久さん 
>>岡本幸子さん

tumblr_lwuwgiEzEg1r4cd8d

また、関連企画としておこなった山本晃久さんのワークショップ『 十人十刻 』のレポートはこちら

山本さんのご希望により、収益の一部を東日本大震災の義援金として寄付しています。
参加者の皆様、ありがとうございました。


Related projects
清水寺 写真集 『INSIGHT』

清水寺の「今」を写真や映像で記録する「FEEL KIYOMIZUDERA」プロジェクトが4年目を迎えました。 写真家、須藤和也さんが撮り続けた清水寺のさまざまな表情に、いやされたり、高揚したり、はっと息をのんだり。 公式

「工芸とデザイン―伝統の再解釈、手仕事の現在地―」展

[会場写真:中島光行] 21世紀鷹峯フォーラム 特別展示  「工芸とデザイン―伝統の再解釈、手仕事の現在地―」 会期:2015年11月23日(月・祝)―12月4日(金) 会場:京都精華大学 ギャラリーフロール 監修:京

三度目の京都 -1678 / TODAY-展

「三度目の京都」で取材・撮影をおこなった、京都・萬福寺宝蔵院に収蔵されている一切経の版木を紹介する写真展「三度目の京都 -1678/TODAY-展」が開催されました。 会場は、タイポグラフィを中心としたグラフィックデザイ

三度目の京都 -1678 / TODAY-展 図録

works:執筆 編集:三度目の京都 写真:中島光行、須藤和也 アートディレクション:鈴木孝尚 発行:三度目の京都・ディスカバリー号 タイポグラフィを中心としたグラフィックデザインの本を扱う古書店 BOOK&SO


『神々の匠』 -京都神祇工芸協同組合 青年会 30周年記念展-

works:展示コーディネート・ポスター、リーフレット等広報物の文章執筆 Designer:森穂高[DOT] Photographer:江藤太亮[Stria photographics] Produced by byCr

“en” —竹虎蒔絵井籠から見る匠の技術—展

works:展示コーディネート
会期:2012.12.10〜16
会場:虎屋 京都ギャラリー
企画・運営:虎屋、京都造形芸術大学

Refsign Archives vol.3  手のチカラを今に伝える職人たち  岡山高大と岡崎友紀 展

works:監修
会期:2012.6.18〜7/1(レセプション 6/18  19:30〜)
会場:Division(京都市中京区二条両替町上ル北小路町102 1F)
企画:e・感性価値研究所
デザイン:佐野亘(Refsign )

Refsign Archives vol.2  手のチカラを今に伝える職人たち  加藤友理と松山一成展

works:監修
会期:2012.2.21〜30(レセプション 2.20  19:00〜)
会場:Division(京都市中京区二条両替町上ル北小路町102 1F)
企画:e・感性価値研究所
デザイン:佐野亘(Refsign )


GUCCI 創設90周年記念展 「時の贈りもの」記念誌

works:編集・執筆
主催:GUCCI 京都造形芸術大学
後援:フィレンツェ市 京都市
※非売品

GUCCI 創設90周年記念展 シンポジウム 「これからの手しごと」

works:出席者コーディネート
日時:2011.10.20 16:30-
会場:京都芸術劇場 春秋座